サービス・支援方針

フロン排出抑制法とENVのサービス

法律「フロン排出抑制法」では、フロンの漏えいを抑える為に、また漏えいしてしまったフロン量を可能な限り正確に把握・報告する事が事業者に求められています。

家庭用・車両を覗くほとんどの空調機・冷蔵冷凍装置等が対象となっており、ほぼ全ての事業者が適用対象です。

監督省庁の指導下、自治体による査察→法令遵守の指導が強化され、摘発事案も増えています。
2015年4月施行につき最初の定期点検(3年)実施時期である2018年4月を前に査察が強化されています。
摘発されると・・・罰金(一部懲役対象もあります)が課され「事業者名が公表される事があります。」
これはコンプライアンス上、重大な問題となり得ます。

事業者が所有するフロンを使用する機器について

  • 3ヶ月毎の簡易点検
  • 一定基準以上の機器の定期点検
  • 部品交換・掃除・修理等の事項データを全て個別に遅滞なく一元管理すること
  • 必要に応じて所定の手順と書式にて報告すること
  • 所定の時期にフロン漏えい量等を所定の書式にて報告する事

等々の作業=点検・保守・修理・作業に付帯するデータ全ての管理・帳票作成を原則的に1法人に1管理者が責任を負います。

日設連提供の動画「業務用冷凍空調機器ユーザーによる『簡易点検の手引き』」

日設連よりわかりやすい説明が動画で配信されています。

一般社団法人フロン回収推進産業協議会提供の動画『フロンってなあに?』

一般社団法人フロン回収推進産業協議会(INFREP)が作成した、業務用のエアコンや冷蔵庫に使用されている冷媒、フロンガスについて説明した動画です。

サービス・支援方針概要

  • 信頼の空調設備機器の保守・点検業務受託管理
  • ISO14001(環境マネジメントシステムの維持)審査サポート
  • 各機器メーカーと連携した保守・修理サポート助成
  • 行政・各公益団体との連携による法令遵守・環境保護事業支援
  • 行政・民間との業務分断無きシームレスな事業推進環境整備の橋渡し
  • 新規導入から廃棄までのアウトソーシングによる一元管理
簡易点検・定期点検
ISO14001審査サポート
空調設備機器の保守業務
空調設備機器の新規・更新
空調設備機器の修理・廃棄
フロンガスの充填・回収業務

 

 

 

 

ENVサービスの特長

ENVサービスの特長

全国均一サービスレベル・費用

全国展開の事業者様に対応するべく人員を各地に配し、最寄りから対応できることを目指しています。
現行1本部6支部、技術者300名+提携サービスマン6000名(ホシザキ・ダイキン)増強中。
提携サービスマンは、あらゆるメーカーに対応し、高品質な修理だけでなく、点検も担当いたします。
有力メーカー・各地方業者との連携により通常より割安な価格設定です。

一括管理のアウトソーシングサービス

簡易な操作と人件費等コストの削減を実現します。
ENVクラウドサービスを利用することでスマホやタブレットを使用してラクラク点検且つ全データの一括管理をご提供しています。
隠れた手間とコストを大幅に削減します。
管理下の全国全機種の点検・修理履歴・業者発行の証明書管理・フロン漏えい・充填管理・全データ随時閲覧・法定報告書作成・オンライン法定報告

マルチベンダー対応

国内ほとんどのメーカー及び機種の対応をいたします。
事業者様が複数メーカーをご利用であっても同じ窓口ですぐに対応します。
交換を要する故障時、緊急時にはその点で納期が早いメーカーを選択することも可能です。

ENVサービスのメリット

事業者は一般的に、事業所毎に担当者や協力会社を組織化して対応し、管理者に遂次報告する事になります。
これらの作業は事業者に大きな負担を強いる事になります。

ENVはこれらの作業を「必要な事項毎」または「ほぼ全ての事項」に於いて「代行サービス」をご提供致します。

3つのメリット

  1. サービスレベルを保証し、万全な法令遵守を実現します
  2. 全国対応でリーズナブルなコストにて一律のサービスをご提供します
  3. 優れたクラウドサービスでデータ収集管理・帳票対応をご提供=隠れた莫大な間接経費を大幅に削減します

ENVシステム

ENVシステム

ENVシステム

点検費用に関するご相談や見積(無料)はお気軽にお問合せください。

ENVシステムの詳しい資料やデモ環境の操作等もお問い合わせください。
電話のお問合せ 0120-790-620 Eメールでのお問合せ