団体概要・設立の経緯

設立の経緯

フロン排出抑制法の施行から2年が経過しました。

フロン排出抑制法で求められる管理者の義務であるフロンガスの適切な使用と管理を行う事業者のサポートを一事業者として行って来て様々な問題に直面しました。

当センターは、一事業者では対応困難な問題の解決策として全国対応が可能な組織が必要と痛感し、設立するに至りました。

実際に、フロン排出抑制法が施行された後も、管理者である事業者様の法律に対する認知度は低く、各事業者様に、まずは法律が制定され施行されているという事実をお伝えするという啓蒙活動から始め奔走する日々でした。

地球規模での温暖化が止まらない現状のご説明に始まり、オゾン層破壊をもたらしたフロンガスの環境に与えるマイナス面をお伝えし、オゾン層を破壊しないフロンガスへの代替、オゾン層破壊への抑止は一定の効果を出す一方、依然として地球温暖化に悪影響を与えているという事実をお伝えし続けて来ました。

地球規模での温暖化に歯止めを掛ける為には、管理者(事業者)の皆様が適正にフロンガスの管理(点検)運用をしなければなりません。そのためには、フロン排出抑制法で求められる各遵守事項を適正に行う必要があります。
フロン排出抑制法で求められる各遵守事項を適正に行うためには事業者様だけの取り組みだけでは難しい問題が内包されています。

当センターは各管理者である事業者様をサポートする体制を構築する為に設立いたしました。

団体概要

名称 一般社団法人 冷媒総合管理センター
所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15 浜松町ゼネラルビル9階
代表理事 井藤 裕司
専務理事 庵﨑 栄
対応エリア 日本全国
業務内容 フロンガスの管理適正化推進業務全般
及び空調設備機器の販売・設置・保守・点検業務受託管理
関連情報の提供

点検費用に関するご相談や見積(無料)はお気軽にお問合せください。

ENVシステムの詳しい資料やデモ環境の操作等もお問い合わせください。
電話のお問合せ 0120-790-620 Eメールでのお問合せ